TASS International E-newsletter (January 23rd, 2015)

PreScan V7.0.0 リリース !


PreScan V7.0.0 新機能

  1. Intelligent Traffic Module(ITM)機能が追加されました。
    これにより、手動で走行軌跡を作成することなく交通流を発生させることができます。
  2. Remote Viewer plugin機能が追加されました。
    これにより、ネットワークで接続された別PCの画面に同じ映像を表示させることができます。
  3. PreScanをインストールする際にPluginの選択やデモモデル、テストシナリオの有無を選択することができるようになりました。
    これにより、必要な機能やデータのみを選択してインストールすることができます。
  4. Selection Improvement機能が追加されました。
    これにより、シナリオ編集画面(GUI)上で重なっているオブジェクトの境界線を表示させることができ、GUI上でのオブジェクトの選択が簡単になります。
  5. PreScanの車両ダイナミクスを計算する際に離散演算が可能となり、S-Function化やコード化できるようになりました。
  6. 韓国の信号機が追加されました。
  7. 白線をかすれさせる機能が追加されました。
    これにより、より現実的な白線認識の検討が可能となります。
  8. Camera Effects機能により、Fisheye Lensのレンズマップをファイル形式でImport, Exportすることができるようになりました。
  9. 雨滴や汚れ、文字を、カメラ映像に重ね合わせる事ができるようになりました。
  10. トラックモデル(Mercedes Actros 1851)3次元道路をPreScanの車両ダイナミクスを使って走行できるようになりました。
  11. Matlab 2013a/bがサポートされ、2009a/bがサポートの対象外となりました。

 ◆ バージョンアップの際の注意点

ファイルをバージョンアップさせると古いバージョンのファイルは新しいバージョンのファイルに置き換わります(新バージョンで上書き保存されたファイルは旧バージョンでは開けなくなります)。
必ず、古いバージョンのファイルをバックアップしてから、バージョンアップしてください。
 

詳細はリリースノートをご参照ください。

弊社ダウンロードサイトへのアクセスに必要なユーザー名とパスワードは
弊社よりお送りしたライセンスの最下段に記載されております。


http://www.tassinternational.com/user/login

お問い合わせ:

TASS International株式会社
Tel: 045-473-7955 Fax: 045-473-7959
info.jp@tassinternational.com

記載情報は予告なく変更される事があります。

著作権はTASS Internationalに帰属し、本記事の無断転載をお断りいたします。

This e-mail and its contents are subject to a DISCLAIMER